2012年 スケッチ創作活動   7 July 2012 UP
         ⇒ 11 Jan.,2013 下段の奥越後スケッチ旅行・清津峡1のサブページに
            ☆絵画教室の習作作品を追加。

▼2012.03.04(日)3月・月例(銀座4丁目界隈)

   2月旅のスケッチクラブ総会は欠席したので3月の月例が今年初めてのスケッチ活動になる。

   銀座界隈は勝手知ったるところだが、日曜日とあって人出が多く描きたいモチーフを把握するのが難しい。

   結局銀座4丁目交差点の対角線上に喫茶店があり、その2階に良い位置を見出し、B5版画用紙で作品を1枚仕上げただけに終わる。

    銀座4丁目交差点
     2012.03.04


▼2012.04.08(日)近所の公園花見のひと時
   
   近所の公園
     花見 B5版
     2012.04.08


▼2012.04.22(日)旅のスケッチクラブ4月例会は欠席。
   家でWebの写真構図を参考にしながらB5版画用紙で描いた。
   増上寺と  
     東京タワー B5版
     2012.04.22


▼5月20日(日)〜22日(火)京都旅行。
   4月、5月は、ナンダカンダと多忙に過ぎていたが、大分前から計画されていた「旅のスケッチクラブ」の京都スケッチ旅行参加した。関東を離れるのも久しぶりだ。20日(日)の初日は、二条城を訪問したが工事中で、スケッチするゆとりは無かった。翌21日(月)は、銀閣寺から南へ散策し、法然寺、南禅寺、水路閣等を描いた。合評会を兼ねて、夕食は皆で楽しんだ。3日目22日(火)は、清水寺の三年坂(産念坂)で構図の良いところを描いた。

  
   銀閣寺
       B5版
          2012.05.21
   法然寺
       B5版
          2012.05.21
   南禅寺
       B5版
          2012.05.21
   南禅寺三門
       B5版
          2012.05.21
   三年坂・清水
       B5版
          2012.05.22


▼グリザイユ画法のお勉強   ●2012.08.13 追加
   シニアになってから水彩画を始めて、さしたる進歩もなく早くも10年以上になった。
   旅のスケッチクラブでは、会長の肝いりで時々安い会費で絵画教室が開かれる。
   7月半ばに旅のスケッチクラブで、グリザイユ画法の講習会が開かれた。
   時を同じくして地域センターの絵画教室でもグリザイユ画法の勉強中でタイミングが良かった。
   私は、いつも地域センターの絵画教室の先生から水彩画の「光と影」をとやかく言われているが、
   複雑な理屈はともかくとして、グリザイユ画法は、その「光と影」が関係しているような気がする。
   パリ凱旋門 B5版
    (旅のスケッチクラブでの作品)
     2012.07.15
   京都・銀閣寺 B5版
    (地域センター絵画教室での作品)
     2012.08.10
◆グリザイユ(フランス語 Grisaille の Gris は「灰色」の意味)は、無彩色一色を用い、その濃淡の調子によって描く、古くから使われている技法である。白黒写真のように最初に構成や明暗を決めておくとその後が非常に描き易いので、ルネッサンス時代には油絵などの下地によく使われた。グリザイユの上に固有色を重ねるだけで影の色を作らなくても立体感よ遠近感をすばやく表現出来る。影の色は灰色だけでなく、グリザイユの影の色を変えるだけで印象の違った絵を描く事が出来る。


▼9月20日(木)〜25日(火)韓国スケッチ旅行。●2012.10.04 追加
   領土問題で騒々しいが韓国スケッチ旅行に参加した。仲間のうち3名は竹島問題などで事前に参加をキャンセルしたが、我々参加者10名は快晴続きで、参加して良かったと思っている。
   ロングステイを含み、色々な海外でのスケッチ旅行に参加したが、韓国はもっとも行きたい国だったので、今回願いがかなった。成田10時出発の為、カウンターに8時集合には参った。田園都市線つきみ野始発05:14に間に合うようにするため3時過ぎに目が覚めてしまった。いつものように水天宮からT−CATへ行きリムジンに乗った。何んと65歳以上2800円が2000円と割引きの運賃で、これは帰りも同じで、年金生活者には大助かりだ。

  
   慶州・雁鴨池
       葉書サイズ
          2012.09.20
   慶州・石窟庵
       B5版
          2012.09.21
   慶州・仏国寺
       B5版
          2012.09.21
   慶州・新羅窯
       B5版
          2012.09.21
   慶州・良洞民俗村1
       B5版
          2012.09.22
  
   慶州・良洞民俗村2
       B5版
          2012.09.22
   ソウル・景福宮
       B5版
          2012.09.23
   ソウル・昌徳宮
       B5版
          2012.09.23
   ソウル・龍仁MBCドラミア
       B5版
          2012.09.24
   ソウル・水原華城
       B5版
          2012.09.24


▼10月21日(日)〜23日(火)奥越後スケッチ旅行。●2012.11.22 追加
   久しぶり彩水会の奥越後スケッチ旅行に参加した。旅行の内容詳細は「旅つれづれ」サイトの「奥越後スケッチ旅行」をご参照戴くとして、このサイトは、主にハガキ絵スケッチを掲載する。
   会員の参集は各地からあり、池袋西口みずほ銀行前を出発地として、献身的な彩水会事務局Nさん運転の中型レンタル・バス(20数名乗車可能、下の写真参照)に乗って、最終的には参加者全員22名で奥越後の山の中をスケッチポイントを求めて周遊したと言える。

      中型レンタル・バス
      池袋西口にて
       2012.10.21

◆10月21日(日)第一日目 快晴
   池袋を出発し関越自動車道の赤城高原SAで最初のトイレタイムを取った後は、JR越後湯沢駅にて若狭組を載せ全員揃ったところで日本三大秘境の清津峡に向かう。入口の駐車場にとめたバスを集合地にして散会、所定の時間内で清津峡渓谷トンネルへ行き各見晴所で各景観を画用紙に収めた。
   左の清津峡1のスケッチは、葉書絵であるが、サブページのリンクサイトの写真とともに示したスケッチはB5版サイズ、またF2版サイズに描き直したもので、かなり迫力あるものに仕上がったと思っている。
   夕刻早い目に宿舎のホテルに引き揚げた。

  
   清津峡1☆
    2012.10.21
   清津峡2
    2012.10.21


◆10月22日(月)第二日目 快晴
   この日も朝から凄い快晴。ホテルでバイキングスタイルの朝飯をしっかり済ませ、ちょっと早いが8時に出発して秋山郷に向かう。秋山郷入口の「見玉不動尊」近くにバスを駐車。この界隈でまずスケッチポイントを探す。渓谷を隔てた向いの山岳は、中間くらい高さのところで岩肌がむき出しの屏風岩が水平に続いており、途中に山麓まで岩が崩れた形に見えるのが、モチーフとして気にいった。
   そこから先は、狭い山道を対向車線と交差する自動車を気にしながら新潟県から長野県に跨る秘境・秋山郷の山奥専門にスケッチポイントを求めて行く。山奥でのスケッチは生まれて初めてだが、快晴で澄み切った空気を吸いながら絵を描く気分は最高で、まさに至福の時と言える。
   時間は十分にあるが、スケッチポイントを探しに歩き回って消耗してしまい、描く時間が十分に無いので作品の数は多くない。
   早やめに宿舎に戻って部屋で作品の仕上げに精力を注いでいたら、ルームメイトの若狭組のIさんが小生の似顔絵をいつの間にか描いて呉れた。この若狭組のIさんは里では、定期的に地方紙に絵を寄贈している由にて、上手いし仕事が早い。
  
   広大な屏風岩
          2012.10.22
   秋山郷連山
          2012.10.22
   昼食の楽養館界隈
          2012.10.22
   ホテル構内ロッジ
          2012.10.22


◆10月23日(火)第三日目 雨
   あいにくの雨の朝を迎えた。水彩画は雨の屋外では不可能だ。
   昨日と同様バイキングスタイルの朝飯をとっている間に会事務局Nさんと幹事役が相談して スケッチ活動に出かけるのは止めて、宿泊のホテル回りで雨に濡れないようにスケッチする事になった。小生はホテルの端から端まで歩いてスケッチポイントを2ケ所探して描いた。11時頃早めに全員ホテルを出発し、町で昼食をとってからJR利用組と分かれ帰途についた。
  
   宿舎ゴルフコース
    2012.10.23
   宿舎モニュメント
    2012.10.23



inserted by FC2 system