横浜・港が見える丘公園界隈


横浜・大仏次郎記念館 1996年10月13日

 ワールドステイクラブの分科会であるポストカードスケッチクラブにこの10月に入会して初めて、横浜スケッチ例会に参加した。快晴に恵まれた初秋の一日、ゆったりと悠久の時を過ごしながら絵を描く、何んと幸せなことだろうか。JR桜木町改札口に参集した会員一行はバスで今日のスケッチポイントである「港が見える丘公園」に向かった。現地到着後、先生のワンポイント・レッスンがあり、メンバーは11時までに出発点に戻るよう指示されて、思い思いの場所に散って行った。私の当日の第一作がこのスケッチで、構図・色合いから、ここを最初のスケッチポイントに選んだ。



横浜・県立近代美術館 1996年10月13日

 スケッチ場所の神奈川県立近代文学館は日曜日のせいか、家族ずれやアベックが頻繁に行き来し落ち着かないので、早々に仕上げた。スケッチに夢中で、大仏次郎記念館も神奈川県立近代文学館も中を見学出来なかったのは残念であった。



横浜の洋館 1996年10月13日

 花壇庭園に近い洋館をスケッチしたが、これは極力アッサリ味に仕上げた。





横浜・大観覧車 1996年11月9日

 この日は土曜日で天気も良く、横浜みなとみらいでフードサービスショーといって、国内外のあらゆる食品の展示イベントが開催された。これを見て桜木町まで歩いて戻ってきた後、帆船が係留してある場所近くに、絶好の構図を狙えるポイントを見つけて早速スケッチを開始した。大観覧車とユニークな帆船の帆の形をしたパシフィコホテルをまとめてポストカード大画用紙に収めた。絵の具をとくため、予めワンカップ空き瓶に水をタップリ持参していた。そばを見渡すと画用紙に絵筆を走らせている人が結構いて、中には夫婦仲良く無心にスケッチしているカップルもいて微笑ましく思った。何の束縛もなく、一人で気ままに描ける時空間に浸り、モウ気分は最高!!
 わかってもらえるかなあ、この爽快な気持ち。



横浜山下公園 1996年12月14日

 年の瀬も押し迫ったこの日も土曜日で天気が良く、忙中閑ありで、一人でふらりと横浜フリー切符を買って、出かけることにした。先月も横浜に来たが、山下公園なんて、もう何年ぶりかなあ。広っぱみたいなところに人だかりしていたので覗くと、外人の大道芸人が曲芸のパーフォマンスをやっており、絶えずジョークを飛ばして、観客を笑わせていた。こんな風情の横浜が気にいっている。公園内のとある一角に陣取ってスケッチした。今回は苦手な人物イメージ(アッベック風)を左下にチョット描き添えた。ここでは係留中のヨットも描いたが、画像取り込みをしなかったので、やまと の横浜でのスケッチ・シリーズは今回で終わりだ。次からは、ポストカードスケッチクラブの一泊旅行による古都は、奈良で散策した時のスケッチ作品を紹介する予定。



前へ
Top
次へ

inserted by FC2 system