多摩川・お台場


二子玉川A 1996年12月15日

 昨日の土曜日は、横浜フリーキップを買って山下公園でスケッチしたのに続いて、今日は二子玉川を散策した。自分の通勤経路に良い所があっても日頃は気持ちの余裕がなく、一人でゆっくりとその場の風景を楽しむなんて、夢の又夢に等しい。二子玉川は昭和30年台のはじめ新入社員の頃、独身寮に数年住んでいたことがあり、懐かしい思い出の地でもある。当日は、ゆっくりと河川敷を歩いてスケッチポイントを求めた。構図と色の取り合わせの良い所を描いた。遠方では集団で運動会をやっていた。



二子玉川B 1996年12月15日

 二子玉川の河川敷には由緒のある神社もあるし、池をはじめ、そこかしこに造園の手も種々加えられている。池に鷺が休んでいたので、描くことにしたが中途で無粋なアベックが近づいて、彼の鳥はどっかへ飛び去った。画面中心部に、鷺の影だけが残った作品になってしまった次第。



東横線多摩川鉄橋 1997年1月3日

 東京都大田区田園調布本町に家内の実家があり、93歳の義父が住んでいるので、久しぶり年賀の挨拶を兼ねて訪問した。祝いの酒の酔いさましがてらに、スケッチ道具を持参していたので、多摩川べりをぶらぶらして、東急東横線の多摩川鉄橋に狙いをつけて一枚描いた。このあと、結局二子玉川まで約1時間程歩いてしまった。 高校の友人がこの絵を見て、中ほどにある建物は昔の水道塔とか言っていた。



お台場海浜公園 1997年1月4日

 正月休みで静かな都心へ出かけた。とても寒いが天気は快晴。フリー切符を買って新橋から「ゆりかもめ」でお台場海浜公園に最初に下車した。寒風にガタガタ震えながら、建物の蔭に隠れるようにして描いた。お台場からのレインボーブリッジのこの構図は以前から一度モノにしようと思っていたので、願いがやっとかなった。このスケッチは、その後、デパートのあるイベントで記念に、世界で唯一の私物である日本酒「やまと」ブランドのラベルにしてもらった。空瓶になってしまったが、今でも手元にある。



東京ッビッグサイト 1997年1月4日

 「ゆりかもめ」は当地では一種の楕円のような経路を走っており、この近辺は徒歩で散歩がてらにどこへでも移動が出来る。終点一つ手前の国際展示場ビッグサイトはチョット遠いので「ゆりかもめ」を利用した。ビッグサイト岸壁の奥の方に白い船が係留されているので絵に納めた。係留されていたので絵に収めた。



前へ
Top
次へ

inserted by FC2 system